ふとしたことから出会った世界 日々感じることを伝えます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日の朝に始まった
「レスキューフォース」という番組をご存知でしょうか

私は結構特撮が好きでして
ゴレンジャーはアオレンジャーが大好きだったり
高校時代に
バトルフィーバーJやキカイダーなどの再放送を見るために
ちゃりんこ飛ばして帰宅していたとか・・・
チェンジマンとかマスクマンとか
夏休みの映画を(チビッコに混じって)見ていたとか・・・・・・

・・・・オタクですかね(笑)


でも、はまるのとはまらないのがあって
どうでもいいのはホントに観ないんですよね



さてそれはさておき
「トミカヒーロー レスキューフォース」です


 ストーリー(wikipediaより抜粋)
  世界各地で人類の常識を超えた災害『超災害』が多発していた。
  それは地球滅亡を企む悪の組織『ネオテーラ』の仕業だった。

  超災害に対抗する為、世界消防庁は5人の若き精鋭隊員を集めて
  特別救助部隊『レスキューフォース』を結成。
  スーパービークルとレスキューツールを装備した彼らは、  
  ネオテーラの魔の手から人々を守るために活躍する。



これはトミカさんの作品でもありまして
救急車や消防車などのレスキューに関する乗り物がでてきます

そんで、「レスキュー隊」のお仕事がお話のメインです



そのレスキューの内容
「超災害」というものに対処するという設定なのです

現在第4話まで放映があっています(私の居住地区では)



「人工太陽による異常な温暖化」
「人工彗星を生成し、その彗星を地球へ落下させる」
「局地的な地震を発生させ、液状化現象(地盤沈下)を起こす」
などなど・・・


これらの「超災害」は
地球滅亡をたくらむ「ネオテーラ」という組織が人為的に起こしているんですね
(おまけに、組織の手先(要は下っ端)はアンドロイド・・・)


敵の名前「ネオテーラ」ですってよ!凄い名前だわ!!



あくまでレスキューが目的ですから
「敵と戦うことが我々の使命ではない!
 救助が一番だ!!」
とレスキューフォースの隊員は言います

勿論、敵が起こしている災害のもとは排除しますけどね



近い将来こんな災害が起こるかもよ~
なんて言われている様な気もして
思わず毎週見てしまっている我が家



闘うことが目的でない特撮ヒーロー物


何が善で何が悪なのか?
簡単な勧善懲悪にならないようですね

 去年放映されていたゲキレンジャーのラストボスは
 「神を名乗る永遠の命を持つ龍」でした
 途中まで敵だった人は、
 「龍」に利用され、洗脳されていた・・・
 それに気付いて、自らの力で呪縛を断ち切ったのでした

 ちなみに、主人公達を指導していた導師達は
 みな、「獣人」(猫やゴリラ、ペンギンとか鮫と人とが混じった姿)でした。
 導師達が獣人なのに、(凄い能力があること以外は)普通に生活しているのも凄かった。
 何故獣人なのかという点は、結局最後まで話には出てこなかった・・・と思う
 まあ、ゲキレンジャーの中では
 己の持つ「獣の力」を極限まで高めて闘うという設定があったから・・・だとは思う。
 話の中で、何度も「本当の敵は自分」という話があったもの興味深かった


最近のヒーロー物の傾向はそんな感じ

あ、でも
石の森章太郎先生のヒーロー達も影を背負ってましたね



まあどんな風に子ども達が感じるのかはわかりませんけど
(やっぱり男の子はヒーローにあこがれる様です)



親の世代として
そんなこと考えながら
子どもと一緒に見ています



スポンサーサイト

【2008/04/29 00:12】 | 雑記・・・なんでもですね
トラックバック(0) |

ヒーロー物
まぐのりあ
不滅ですね~。
キカイダー、ゴレンジャー懐かしいです。
私は小さい頃、仮面ライダーが好きで、
一緒に写真を撮ってもらったことがあります。
戦隊物は、シリーズ変わるごとに、だんだん訳がわからなくなって、いつのまにか見なくなりましたね・・・。
それにしても、このレスキューフォースという
番組の内容は、冗談きついですよね。


まぐのりあさん
kana
ちょっと冗談きついですよね(笑)
この物語はフィクションですってテロップが流れても
もしかしたら~なんて思ってしまうんですよね

子どもはやっぱりこういうヒーロー物って大好きで
おまけに、旦那も大人になっても好きで
でっかい男の子とちっちゃい男の子が
テレビの前で「かっこいい!」なんて言ってるのも
面白い光景ではあるかも(爆)

いつもコメントありがとうございます

コメントを閉じる▲
土曜の朝というのに長男を叱ってしまいました・・・

彼は現在小学2年生
親ばかではありませんが
『明るく』『素直で』『物怖じしなくて』『好奇心旺盛で』
なかなか面白い子どもだと思います(←親ばか?)


が、ちょっとお調子者で少し落ち着きがないところもあります



昨日家庭訪問があり
4月から新しい担任になった先生がいらっしゃいました

「手遊びが多いんですよね。よく鉛筆落っことしたりしてるし・・・」

そうなんですよ。授業参観に行って見ていても
なんだかきょそきょそ、うそうそ、ごそごそ・・・


でも、話は聞いていて
質問されたらちゃんと正確な答えをするんです
聞き漏らしていることはほとんどないわけで・・・

まあ、それならいいじゃないか・・・とは思っているんです
しかし・・・・


朝食のときのこと

開封したばかりの蜂蜜のビンにスプーンを深々と突っ込むんですよ
「だめだよ。中で菌が繁殖するかもしれないから。」
と注意をしたんです
「わかった~」

その後、今度はホットケーキに蜂蜜を塗ったスプーンをまた突っ込むんですよ
「だーかーらーだめだっていったじゃん!」


私が注意したことは聞いてるんですよ。
何でダメなのかもわかってるんですよ。
でも

「中にスプーンがゆっくり沈んでいくのが面白かったから・・・」


そりゃそーなんだろうけどさ~
琥珀色の蜂蜜の入ったビンは確かに魅力的ですよ・・・
でもさ~

つい怒ってしまいました

その後、昨日の家庭訪問のことまでつい持ち出してしまいました

ごめんよ



彼は、ちゃんと理解できているのです
先生の授業の内容だってわかってる
席を立ってうろうろするわけじゃない
することはちゃんとやっている
自分がするべきことはちゃんとやっている
人のことを思いやることもできる・・・


「だったらいいじゃない。何の問題があるの?」

さっきトイレに行ったとき(失礼)に
不意に自分の心に聞こえてきた声


そうだよね・・・


体裁・・・が私を邪魔する


それも外さなきゃね





もう一つ長男のよいところ
「気持ちの切り替えが早い」

♪さっき泣いたカラスがもう笑った♪

私に叱られてしょげていたのに
3分後には普通にもどってる


本当に君に私は救われるよ
ありがとうね
君が長男でよかったよ


妹のほうに(お兄ちゃんの時と)同じように言ったら

・・・・しばらく凹んで・・・・
後が大変になります







【2008/04/26 11:50】 | 今日の出来事
トラックバック(0) |
昨夜放送のあったNHKのSONGS
ゆずでしたね

我が家は旦那が「ゆず」が大好きで
車でもよく聞いています
(私は大好き!ってほどではないですが、好きですよ)

最後の曲が、新曲の「ワンダフルワールド」

この曲は作曲家の久石譲さんが編曲をしていて
昨日はオーケストラをバックに久石さんがタクトを振りました

大きな大きな歌でした
そして
すごく素敵な歌だったと思います


オーケストラの壮大さとアコースティックの安らぎが
ミックスされて
ゆず独特の声がとてもバックにかき消されることなく
どこまでも響いてくる

そして久石さんらしいアレンジでした
ストリングスの使い方がらしいよなあと感じました



動画を持ってきたかったんですが
ちょっと時間がないので
歌詞のみの紹介です
ごめんなさい

こんな歌がこれからたくさん流れるようになるんでしょうね
壊すことから調和へ・・・
全てをひっくるめて、みんなで未来へ・・・
そんな気持ちになった歌でした

よかったら聞いてみてくださいね




<ワンダフルワールド>



機関銃を抱き締めて眠る子供が
荒れ果てた大地で夢を見る頃
まばゆい朝の光りに包まれた少女は
優しい母の声で目を覚ます


僕は君の温もりに頬を寄せてみる
確かに聞こえてくるのは 命の音


世界よ 今日も回れ回れ
愛も悲しみも 飲み込んでゆく
望まれず生まれてくる人などいない

泣きそうな程 美しいワンダフルワールド



青く光るこの地球(ほし)の声が聞こえるかい?
生きとし生ける全ての命のふるさと
奪い合い 傷つけ合い 憎しみ合い
そして消えていくのは 罪無き大切な仲間達


知らん顔した街は今日も華やいで
君の名を叫ぶ声さえもかき消される


未来へ向けて進め 進め
善も悪も道連れにして
儚くて消えそうな希望を探す
泪で滲む ワンダフルワールド


生まれたその瞬間から矛盾を抱え 生きてゆくのなら
神は何の為にこの世界に全ての命を与えたんだろう?



世界よ 今日も回れ回れ
愛も悲しみも飲み込んでゆく
望まれず生まれてくる人などいない
泣きそうな程 美しいワンダフルワールド

儚なくて消えそうな希望を探す
泪で滲む ワンダフルワールド

全てが永遠(とわ)に愛しいワンダフルワールド



世界よ今日も回れ回れ
君と僕を繋ぐ

未来へ向けて進め進め
君も僕も生きていく…



ゆず
ワンダフルワールド
作詞・作曲:北川悠仁




【2008/04/24 18:53】 | 最近知ったこと
トラックバック(0) |
体調はやはりあまりよくありませんが
心の調子はよいような感じです


ここ1ヶ月は本当に体調がよくありません

自分では気にはしていないのですが
頭痛とか倦怠感とか微熱とか血尿とか歯痛とか
そんなことがほとんど毎日続いています

ちょっと心配になって病院も行きましたが
特に異常はないとのことでした
(流石に血尿は心配になりますよね)
まあやっぱりってことで
薬はくれましたが、結局服薬はしていません



今までの私では考えられないくらいの体調不良が続いている
にもかかわらず
精神的には穏やかに過ごしています

それが不思議です


よくわからないのですが
あれこれ頭の中で考えることが減っているように思います

いやおばかになっているというわけでもないんですけど(笑)



考えても仕方のないことは感じるままに♪
きっとそれは間違いないことだから
だから
大丈夫


なんて思いながら
心はゆったり
行動はばたばたと
毎日過ごしています






【2008/04/24 00:05】 | 今日の出来事
トラックバック(0) |

No title
まぐのりあ
血尿ですか?
それは、心配になりますよね。
でも、異常なしとのこと・・・不思議ですね。
母親業は、休みがないので、
体調不良でも、無理しがちになりますが、
くれぐれもお大事にして下さいね。
kanaさんの体調が、早く良くなりますように。


まぐのりあさんへ
kana
ご心配おかけしてすみません
元気です!大丈夫です!
ご飯も食べてます!美味しいです!

血尿はですね・・・
多分膀胱炎だったんですけど
なぜか検査しても細菌はいないという
ちょっと不思議な膀胱炎でした
(先生首かしげてました)

母親業は確かにノンストップですもんね
洗濯ためると干すところなくなるし
ご飯は作らないといかんし
・・・でも今はご飯もスイッチ一つで炊けるし、洗濯もボタン一つですから
ありがたい話です

そういえばまぐのりあさんのお宅にも炊飯器ってあるのですか?
英国に行ったときにキッチンに洗濯機があったのに驚いたのが懐かしい(笑)

コメントありがとうございました


コメントを閉じる▲
無事に歯痛は治まっています
本当に痛みがあるからわかる日常です
幸せです。痛くないってことだけでこんなに幸せなんて・・・

ありがとう
必ず歯磨きします。
フロスもきちんとします。
教えてくれた「私」ありがとう



さて
昨日今日と気持ちのよいお天気です
とてもよい目覚めをして
掃除をして、洗濯物をたくさん干して
時間はまだまだ10時前
「うわー今日は何だかよい一日がスタートしてる」
なんて旦那と話していました

予定していたことがあったのですが
急遽変更して、別なところに出掛けることにしました

いざ外出!がちょっと忘れ物をしてしまい
私だけ車から降り、自宅へ忘れ物を取りに行きました
(家族はガソリンを入れに行き、後で合流)


自宅までの道を歩きながら
ふと空を見上げると
白い雲がぽかんぽかんと青い空に浮かんでいます


きれいだなあ
青い青い空が広がっていて
ああきれいだなぁ
なんだか幸せな気持ちだなあ
みんな幸せだといいなあ



と、空を見上げながらミニ散歩です


その瞬間
ぐらりとする感覚


一瞬だけ「私が空から見ている風景」になります

地球そっくりなところを地球から見ているような風景


今私がいるここはどこ?
すぐ傍に地球があって
ここは、その傍にあるところ?

天と地がひっくり返った感覚


一瞬でまたここに戻ってきました

自分を突き抜けた違うところから見ている感じでした


その時、私を包む感覚は「幸せ」でした
この地に足をつけているときに湧き上がる喜び
別に自分をつくっているわけでもありません
何というのかなあ・・・・


たまにこんな感覚をもらえています
大丈夫だよと教えてもらえているように



なんだろう?と思うよりも
「そうか!」と思う気持ちのほうが強くなっている私

変わってきてるね。私。







【2008/04/20 13:00】 | 今日の出来事
トラックバック(0) |

変わってきてるんだね。kanaさん。
HIRO
僕、もう考えないようにしたよ。
すべて、大きな自分に任せます。

当たり前のことが、
どんだけのバランスが必要なのか。

もう、感謝しかないよね。

僕らが感じてる『不思議』は、
きっと後の世代では、当たり前になるよ。
だって、今みんな見ないふりしてるだけだもん(笑)

膿だし→産み出し。。

徐々に!


kana
HIROさん
私も同じ気持ちですよ
去年の私ではたどり着けなかった気持ちが
ここにある
意識を広げることと同時に
自分の足元をしっかり見ることの大切さを
感じています

理屈はいらない。理論もいらない。
知識を無理に詰め込んで無理やり納得しなくていい。
理由なんて必要ない。

全ては生まれていくものですものね


本当に・・・
まぐのりあ
空って綺麗ですよね。
私も最近、何を見ても「きれいだなぁ~~!」
って、感動してばっかりいます。

でも、kanaさんみたいに、意識が
宇宙まで拡大することは、まだ無いですね~。
とっても素敵な不思議体験・・・。
宇宙から見る地球、綺麗でしたか?

きっとkanaさんは、意識の変容に
素直に向き合えているのでしょうね。
私は、まだまだだなぁ~~。
自分の心のどこかで、怖がっているのかもしれません。

なので、kanaさんの日記は、とても勇気づけられます。
不思議体験のシェア、どうもありがとうございます。


そんな偉そうなもんじゃないですよ
kana
意識の変容なんてそんなことないですよ
ただなんというのか
力を抜いているというのか・・・
私にとってわかりやすい形で
いろんなことは示されているんだなあと感じるようになった
と思っています

この前とんでもない不安と恐怖を味わいました
あまりの恐怖に思わずに旦那に泣きつきました(笑)
でも、それに向き合うしかなくって
逃げることなんかできなくて
ただただひたすらに自分に向き合いました

嵐が去るようにそれは過ぎましたが
昔に比べたらちょっとは向き合えたかな?

ってなわけで私も私らしくって感じです

まぐのりあさんコメントありがとうございました
どうぞこんなところですが
お暇なときはお寄り下さい

色々大変なんですね
まぐのりあ
自然体で、流れに逆らわず、自分と向き合う・・・というのは、
恐怖体験に結びつくことも、あるということですね。
それは、つらいですね・・・。

私自身は、恐怖体験では無いのですが、
なぜか最近、頻繁にUFOを見るようになって・・・。
つい、先週もまた・・・。
でも、この話をしても、うちの夫はスルーなので、
結構つらいです(涙)

こちらこそ、コメントありがとうございました。
もしよかったら、kanaさんの体験談、綴ってくださいね。
楽しみにしています^^


コメントを閉じる▲
昨日から急に右の奥歯が痛み出しました

それも半端じゃないくらいの痛みです
どのくらいの痛みかというと


泣いた(笑)


くらいに痛いのです

昨夜はほとんど眠れなかったですわ
痛みで何度も何度も眼が覚める

いい大人が歯痛で泣くなんて・・・と思ったんですけどね
涙がほろりほろりとこぼれるくらい痛かった


痛いって辛いです
昨年亡くなった母が
痛みをずっとずっと我慢し、もう我慢できなくなった時には
手遅れになっていて・・・・
・・・あの時もっと寄り添えることができれば・・・
そんなことも痛みの中でぼんやり考えていました



かかりつけの歯科医は昨日休診日だったので
今日まで頑張りました(痛み止めの薬も効かないのですよ)
そして
無事に今日、受診

どうも随分前に治療していたところがまた虫歯になっていたようです
なおかつ、歯根が細菌感染したためにひどく膿んでいたみたい
先生が
「かぶせていたのを取ったら
中から膿がどわーっとでてきましたよ
これじゃあ痛かったでしょう。」

そうですか。。。
どわーっと膿が出たんですね。。。


今週はなんだか体調が悪いです


月曜日と火曜日は膀胱炎
木曜日と金曜日は歯痛


でも不摂生しているわけでもないし
食事もちゃんと取っているし
寝てるし・・・

どちらの先生からも(内科・歯科医)
「なんか抵抗力落ちてます?」
「最近忙しかった?」
と言われましたね


いえいえそんなことないです

抵抗力?いや抵抗しなくなったのかな?私

悪いものは全部出さなきゃね

膿み出し・・・産み出し・・・なんてね(笑)







【2008/04/18 21:56】 | 今日の出来事
トラックバック(0) |
その昔・・・(いやそんなに昔ではないけれど)


霊とかオーラとかそういうものが
まあまあ見えていたんですが
(くっきりはっきりではないんですよ。何となくくらいですが)


あと占いも好きで(これは10代のころ)
タロットや占星術(簡単なものから計算が必要なタイプまで)
よくしていました



でも


見えたからなんなんだ?
見えることは凄いことなのか?
だから何?



なんですよね
全くもって


占いだってそうだし
勝手に運命なんて名づけてどうしようってんだろう





2週間ほど前の話

我が家に占いを生業にしていらっしゃる人が
営業にいらっしゃいました

彼女は私の手の平をみてこういうんです

  今、あなたは変革のときを迎えています
   (まあ、そういえばそうかもね)

  あなたには祖先の想いがとても強く現れています
   (ほほう、そうですか)

  家族との縁は薄いみたいですね
   (縁ねえ、どの程度で薄いのかよくわからんが)

  知性と感情のバランスが取れているタイプですね
   (お!でたぞ!どんなバランスなのだろう?)

  体も丈夫なタイプですね、生命線がしっかりしている
   (そうですか。丈夫はなによりです)

 <ここからは一気に彼女のトークです>
  けれど、ここ1年であなたは大きな変化をするタイミングです
   (それはわかったって)
  ここでどうするかで変わってきますよ。後悔したくないでしょ?
   (お!情に訴えてきたぞ)   
  もっと詳しいことを 今なら3000円でお知らせすることができます
   (むむむ、微妙な値段だわさ。)
  きっとあなたが生きていくために指針になるような メッセージをお伝えできますから
   (ありがたいメッセージなんだろうなあ)

  今、キャンペーン中でお安くなっているから、いかがですか?
   (結局それかーい)



そんなお話をしてくれましたよ

まあ、丁重にお断りしましたけれどね(笑)







だから何?
それが何?


人に聞いてわかるようなそんな人生なんて
つまんない


ちゃんと生きなきゃね ほんとにさ












【2008/04/15 15:02】 | 伝えたいこと
トラックバック(0) |
4月12日土曜日
神新二さんの講演会に参加しました


内心どきどきです
だって、ブログでしか知らない人達に会うんですからね
顔だって知らない人ですよ
そして、講演をする神さんの顔も知らないんですから



オフ会ってこんな感じなんですかね?
ハンドルネームで呼ばれるのも
なんつーか恥ずかしいというか(笑)


でもでも
会場について、講演会会場に足を踏み入れ
席に座ったとたん
「ああ、はじまる」
と心がすーっと澄んでいきました


席は(そこしか空いていなかったんで)
センターの一番前です
高校3年の2学期以来ですよ
こんな間近なのって
(普通一番前ってもう少し間が空いてますよね(笑)

その代わり
バシバシ神さんのエネルギーが伝わってきましたよ



残念ながら
このブログ上で聞いた話をまとめるほど
私には文才もありませんし

私ごときがまとめることができるような話の内容でもありません(断言)

だって、ここには神さんと聞いていた私たちの「熱」はないですからね

おまけに、話の内容の大半を忘れてますし
あんなに真剣に聞いていたんですけどね(笑)



ただ私が講演会で感じたことをほんの少しだけ
それと
今まで感じてきたことをほんの少しだけ
まとめてみたいと思います




私は去年の12月までアセンションとかほんとに全く知らずにいました
その言葉を知ったのは
今回の講演会に一緒に参加した友人から借りた本がきっかけでした



それよりもうちょっぴりだけ前に
とある人との出会いがありました
そこで、私は自分がここに生かされていることを知りました

「他と比べることに何の意味がある」
「自分がやりたいことをやるという本当の意味」
「人は自分で生き始めたときに、本当の喜びがはじまり
それは、途切れることがない」


そういったことをガツン!!と私の真に打ち込まれました


しかし、そうはいっても
なかなか自分の思考パターンや生き方からは抜けられず
結局は
「社会が」「人が」「誰かが」・・・
そんな風に私の根っこの部分は変わっていなかった



何度も何度も何度も
私が気付くようにと「私」はいろいろなことをしてくれました
でも、そのたびに
「私は悪くないのに、なぜこんなことが起こるのだ」
と考えている私がいました



今年に入って
たくさんの方のブログを拝見するようになりました

溢れんばかりの情報の中から
それと私自身が「日々行うこと」から
なにかしら一つのことが私の中にあることがわかってきました


今回の神さんのお話を聞きながら
今まで私が感じてきたことをひとつひとつすり合わせました


私はアセンションというものはよくわかりません
それは未だにそうです
よく書いてある「空一面にUFOが・・・」というビジョンも観たことはありません


けれど
私は今動き出そうとしています
変化したいと思う、それこそが本当の人間であるならば
変化しなくっちゃ

人に神様は喜びしか与えていない


過去はここで切り替えることが出来る
真の意味で私は未来のために今を生きるのです



知識なんかはもういいんです
そんなことはどうでもいい

私の頭で考えることが出来る程度の知識なんて
たかが知れている
それに振り回されて
自分の勝手な価値判断で世の中を見るなんてナンセンス
使いこなせない知識は私には必要ない



私の中にある受信機をまずはまっすぐに!
神様からの光を、ちゃんと違えることなく私の中にいれる
なんだって 全て 喜びなんだから



それを私はもう知っている



無理はしない
人として「私」として無理はしない
それはとても難しいことかもしれません

ううん

難しいと思えばどれだけでも難しくなる

だけど

全ては必然で「喜び」なのだから





それを私は知っている

そして

これからも行っていきます






最後に
東京からこの九州までお越しくださった神新二さん

この講演会を主催してくださった
スタッフの皆様方
本当にお疲れ様でした
とてもよい雰囲気の中でお話を聞くことが出来ました

これも皆様の心配りと暖かな人柄のおかげだと思います

次回がもう決定したようですね

何かお手伝いできることがあれば
声をかけて下さい

あんなキャラクターですが(笑)
あんまし変な奴でもないので(爆)
どうぞこれからもよろしくお願いします


あーあ
懇親会に参加できなかったのは残念でした
参加者の皆さんとお話したかったです




わくわくした楽しい時間を
ありがとうございました!












【2008/04/14 18:58】 | 伝えたいこと
トラックバック(0) |

うわ!
HIRO
kanaさん、すごい!

やっぱ、感じたことは、
おんなじだ。

あんなにシンプルで
ガッツン、ガッツンこころに響いたのに
言葉にできない、このもどかしさと、喜び!

これは、あそこにいないと
わからんよねえ・・♪

>何かお手伝いできることがあれば

嬉しい!じゃあ、もしよかったら
このコメントのメルアドまで
kanaさんのメルアドください。

なにかのときは、お願いします!
(会場、いちばん近いしね♪)

コメントを閉じる▲
今から1週間ほど前のこと

ある日突然
鼻水がどうにもこうにも止まらなくなりました
そして
目やにが驚くほどでて
眼が開かなくなってしまいました
(起床時が一番ひどいけれど、昼間もずっと眼の周りにベタベタ・・・)

知り合いからは
「花粉症」だよと言われたんですが
でも違うんですよ・・・
何が違うって聞かれても説明できませんが
花粉症ではないという確信はありました
(まあ、始めて花粉症になった人はみんなそういうんだ!とも言われますけどね)

それから3日間、鼻水と目やにが止まりませんでした


が、3日後の朝
なんていうのか
突然に、鼻水も目やにもぴたりと止まってしまったのです。

そしてそれ以降はなんの症状もでません

「なんだったのかなあ・・・」
と自分でも不思議でした
風邪という感じでもないし
流行り目という症状でもなかった様に思います






さて、それからなんですが

眼の調子が変です
見えにくいとかではなく
見える世界が変な感じなんですね

なんとも表現できませんが

視線を動かすと視界がぐにゃりと歪んだ感じ
一瞬で元に戻りますが

あと、フィルターが取れたように
くっきり空や雲が見えるようになりました
もともと私の視力は両眼2.0でして
かなり遠くのものも見えます

が、そういう視力的なものと違う
「見え方がクリアー」になっている感じでしょうか


それが非常に面白くって
以前にもまして
空をよく見るようになりました

青い空
曇りの空
夕焼けの空
満天の星空(ここら辺ではみえませんけどね)



背筋を伸ばして
両手をいっぱいに広げて
空を仰ぎ見ます



足は大地を踏みしめ
今を確かめて
私は果て無き空を見る



いまここにあることを感じています





だから
多分花粉症ではありません
・・・・突発性花粉症  なんていうのもあるんかな?(笑)





【2008/04/11 16:19】 | 最近知ったこと
トラックバック(0) |

次元の隙間
HIRO
もう僕らは、
次元の隙間に入ったのかも知れませんね。

すでに多次元宇宙が
現実的にも展開されてるような

そんな気がしてなりません。

まあ、とにもかくにも、
クリアになったマナコは
明日の講演会のためですね(笑)

kanaさんに会える!嬉しい!!!



コメントを閉じる▲
実は、去年我が家でかなりはまったのが
「仮面ライダー電王」でした
(ご存じない方には申し訳ありません・・・)

まあはじめは
「平成ライダーだしなあ。」
とか思い観なかったんです
ただ声優さんが豪華だったので(声優好きなんで)
それにつられて観始めました

おもしろいじゃん!

そう、面白かったのです!
旦那と二人で
「これはいける!」と毎週録画することになりました



さて
何でこんなことを書いているかというと
主題歌についてちょっと書きたかったからなのです

私は最近気持ちが落ち込みそうになると
この歌を聴いています
(マイカーのHDナビに録音してしまった(苦笑))



Climax Jump
 

時間の波をつかまえて
今すぐ行こう 約束の場所
限界無限 いざ飛び込め ClimaxJump


叶えたい夢があるなら 
信じなくちゃ 願った日々を Catch the wave

迷いそうな時 必ず 想いの強さが導く
キミが望む未来すでにIn your hands

始まりはいつも突然 
運命を連れて行く Time tripin’ ride
不可能を超えて 
掴み取るさ Climax

変わることを恐れないで 
明日の自分見失うだけ
誰より高い空へ飛ぼうぜ ClimaxJump



胸の中みんな密かに 書き換えたい記憶もある
Means nothing!
新しい朝を待つなら
「今」を塗り替えろ
そこから ほんの少し勇気を持て In your mind

旅立ちはいつも必然 
どうせなら飛び回れ Time tripin’ ride
捜し出すのさ 自分だけの Climax
昨日までの記憶すべて 
必要とわかる日が来るはず
誇れるように 更なる ClimaxJump

心を強くする 大事な言葉とか

かけがえない想い出を集めて

もう少しあと少し…届かない星空

諦めたらそこが終点さ


始まりはいつも突然 
運命を連れて行く Time tripin’ ride
不可能を超えて 
掴み取るさ Climax
変わることを恐れないで 
明日の自分見失うだけ
誰より高い空へ飛ぼうぜ(よ) ClimaxJump


       作詞:藤林聖子 / 作曲・編曲:鳴瀬シュウヘイ / 歌:AAA DEN-O form





  <迷いそうな時 必ず 
  <想いの強さが導く
  <キミが望む未来すでにIn your hands

うん、そうだね
私がのぞむことはもう私の手の中にある


  <変わることを恐れないで
  <明日の自分見失うだけ・・・

変化は恐れることではなく
明日の自分はちゃんと自分なんだよね





我が家の子ども達はこの歌好きで
よく歌っています

私の思い込みすぎなのかもしれませんが
「時間」について考えさせられました

そして
過去を記憶する意味とその必要性
未来は「今」から変わっていくということ
変化は必然であるということ・・・

「今」をどう生きるのか?


自らが望み、それを信じることの大切さ
なんてことも考えながら
イマジン達のやりとりを楽しんでいました


電王の話についてはまた機会があれば書くかもしれません
とかく平成ライダーは難しいと言われていましたが
電王はある意味、子ども達に
今を生きることと
未来を信じる心を伝えていたように思います
(考えすぎかな(笑))



インディコやクリスタル、レインボーの子ども達は
いろんなメッセージを受け取れるから
世の中の様々なことから
これからの世界に必要なことを学んでいるのかもしれませんね









【2008/04/10 17:31】 | 雑記・・・なんでもですね
トラックバック(0) |
桜も散り始めました
この散り始めも好きなんですが・・・
一緒に雨も降ってしまったので、
車が遠山の金さんになってしまうのが難点です(苦笑)



週末、久しぶりに家族で外食することになりました
さて何食べる?ということを旦那と話しました

っつーか前日からメールで旦那と協議中。
どんだけ楽しみにしてるんだって(笑)


旦那からの前日のメールでは
『久しぶりに焼肉食いたい~』
『それも食べ放題に行きたい』
という内容が届いていました

そうだねえ。。。焼肉ねえ。。ここ数ヶ月食べてないなあ
とメール見ながら考えていました


そうなんです。ここ数ヶ月焼肉は全く食べてないんです
以前はよく行っていました
が・・・昨年の秋ごろからほとんど行ってません


ダイエットしているわけでもないんです
別にベジタリアンを目指しているわけでもないんです
ただ・・・お肉を食べよう!という気分にならないのです
それも自然に・・・


食事は「美味しく食べたい」という気持ちがやっぱり大切なので
食べたくないと思うものは口に入れる必要はないと思っています


食卓を預かる私がこんな調子ですから
野菜や豆などが中心の食卓に変わってきました
完全に肉を抜いているわけではありません
アクセント程度にはお肉も魚も頂いています
子ども達は「お肉食べたい~」と言いますしね


そして、もう一つ気付いたこと・・・
化学調味料が入った食材が美味しくない
旦那も気付きました
『お店の弁当が不味いし、胃にもたれる』
『冷凍食品も最近美味しくないよなあ』


確かにそうなんです
口に入れたときに、体が拒否するように
「おいしくない」と感じてしまうのです


旦那と笑いながら
 「贅沢な体に変わってきてるよね。
 安売りの冷凍食品や
 合成調味料がいっぱい入った食品が
 体に合わないんだからなあ。」
なんて話しています



さてさて外食の件ですが
家族でどーする?と協議しました
焼肉については
 「食べたいと昨日は思ったんだけど
 本当に食べる?と考えたらあんまり欲しくない。
 きっと後で痛い目にあうからやめよう。」
ということに夫婦間で一致しました

んじゃーどうする?
・・・・・・

結局近くにできた有機野菜のサラダバーがあるお店になりました
そこにはパスタやピッツァもあり、
子ども達もいろんなものをバランスよく頂きました

家族みんなでお腹いっぱい色んなものを食べて
満足満足な夕食になりました


ちなみに私は
お腹を「ピクルス」が50%を占めているのでは?というくらい
ピクルス(それも大根の)をいっぱい食べました
・・・だって美味しかったんだもの



体は必要なものを知っているのでしょうね
肉や魚(それも大型のもの)は
本来人間を構成するにはあまり必要のない食べ物でしょう
ならば体に入れなくてもいいですものね

我が家の冷蔵庫から
肉のパックがどんどん減っていってます(笑)



少し話は変わりますが

先日テレビで
「いかにコレステロールやカロリーを減らしてオムライスを作るか」
というコーナーがありました
その中で
 「塩分は最低限にします。高血圧の原因になりますから。
  ですから、減塩タイプの味噌を使います。」
とかやっぱり言ってます
そんなことないのに・・・・
化学塩を使うからダメなわけで
ちゃんとした天然塩を使えば、体に悪いことはないのです

 「砂糖は高カロリーだから、人口甘味料を使います」
ってなんのこっちゃ!!!

自然にあるものを必要な分だけ使う
そんなことも人間は忘れてしまったんでしょうか?
否、「肩書き」というメディアの力で、
誰かに都合のよい『知識』刷り込まれてしまったのでしょうね・・・

不必要なものを不必要に体に入れて
そして体を壊してしまう
その循環の根幹を見つめれば
おのずと答えはちゃんと見つかると思うのですが・・・


自然の循環の中で
必要なものを正しくいただく
そうすれば、美味しいご飯をいただくことができますよ
きっとね



【2008/04/08 11:31】 | 雑記・・・なんでもですね
トラックバック(0) |

No title
ako
こんにちは。

食事の話、納得です。
友人と外食する時、結構困ります。
イタリアンはあまりお肉入ってないので、友人とも意見が合います。

化学調味料使わず、塩コショウで料理したら、たいがいいい感じで仕上がりますよね♪

美味しいご飯。
基本ですものね。
大事な事を再認識できました。


たべもの、困る~~
HIRO
最近はずいぶん肉たべないようになりました!
牛・豚はもちろんですが。。

誰かといっしょのときは
やっぱ鶏肉くらいは
入ってるものになるんですよねええ。。。

身近な人だと、ゴリ押しして
肉のないものに決めますけど。

でも、ひとりのときは
たいてい博多名物ゴボ天うどん・・・
僕の細胞は今、ほぼゴボウと小麦粉です(笑)


そうですね~
まぐのりあ
私も去年の秋頃から、だんだんお肉が食べられなくなってきました。
さすがに、鶏肉は、未だに食べていますけど・・・。
やっぱり以前より、ずっと調子が良いような気がしています。
食べ物に関する問題が、これだけ大きくなってくると、やっぱり無視できませんよね~。

うちでもなぜか、最近ピクルスが大流行(?)しています。
食べ始めると、止まらなくなってしまいますよね。



No title
青犬
こんにちは青犬です(^^)

ボクも肉食を絶って4ヶ月。
最近はただのキャベツがおいしく感じられるようになりました。
お肉は見ただけで「・・・」ですね(*_*)
 「砂糖は高カロリーだから、人口甘味料を使います」って、すごい・・・(((^^;)
子供たちは親の食べ物に従うしかないですからkanaさんのお子さんは幸せですねo(^0^)o


akoさま
kana
コメントありがとうございました
イタリアンって確かに肉の含有率が少ないですよね

化学調味料使わず、塩コショウで料理したら、たいがいいい感じで仕上がりますよね♪


コショウってすごい調味料です
ちょっぴり入れるだけで劇的に変化する
それがわかるようになっただけちょっと進歩したように思っています

またのご来訪お待ちしています



HIROさま
kana
やっぱりごぼ天うどん!!
美味しいですよねえ
私もうどん屋に行くと必ずこれです

薄切りタイプのかきあげスタイルも好きですが
形のまま(円柱形)のタイプも好きです
あの歯ごたえがたまりませんね

北部九州ではポピュラーですが他の地域はどうなんでしょ?

他人には私もごり押しはできませんが
家族には大きな不平不満が出ない程度にやっとります
無理したらそれこそ本末転倒ですもんね


いつもコメントご訪問ありがとうございます!
感謝感謝です!

まぐのりあさま
kana
鶏肉は我が家でも使っています
なるべく出所がはっきりしているものを使うように・・・
食の問題がこんなに大きくなるとやっぱり気になるし
体調を考えるとこっちのほうがやっぱりいいみたいですしね

ピクルスは今度自分で作ってみようかなーと思っていますよ
漬物も大好きですが
ピクルスの独特な酸っぱさが私はお気に入りです
・・・・
でも作り方がいまいちよくわからない??
お勉強&実践してみます!

ご訪問コメントありがとうございます
これからもよろしくおねがいします

青犬さん
kana
人口甘味料の話おかしいでしょ?
思わずテレビにつっこみいれてしまいましたもん
「なんじゃそりゃ!」ってね(笑)

うちの子ども達は野菜を嫌わずに食べてくれるのでうれしいです
おそらく祖父の畑で野菜を収穫したり
知り合いに有機野菜を扱っているおじさんがいて
ほんとうにおいしい野菜を小さな頃からいただいているからでしょうね
子どもの舌は正直ですからね
大人なんかかないっこないくらいに

きっと青犬さんの畑にも
命いっぱいの野菜たちがたくさんできますね!
楽しみです~

ご訪問コメントありがとうございました
どうぞこれからもよろしくお願いします



コメントを閉じる▲
ちょっと時間を作って
昨日と今日、子どもを連れて実家に行きました

私の実家までは高速を使い車で2時間くらいです
2ヶ月ぶりの帰省になりました

私の母は去年亡くなりました
実家には父と妹家族がいます
未だに、母のいない家に慣れないですね
けれど、少しずつですが
寂しそうだった父の顔にも笑顔が戻ってきた様に思います

今日、母の菩提寺に行ってきました
山間にあるお寺で、亡くなる前に母が
「ここに連れてきてね」といい、
家族皆で約束したお寺です

ちゃんと約束守って
我が家の宗派ではないこのお寺を菩提寺にしました


枝垂桜が咲き始めていました

平日にもかかわらず、たくさんの人がお寺にいました
竹を切ってきて、竹とんぼを作っている人
お饅頭を売っている人
炊き込みご飯を作っている人
窯元から陶芸作品を持ってきて即売している人・・・
???
「みんな檀家さんなの?」
と父に聞いたら
「違うよ。みんな住職さん夫婦のお友達。」
「毎年こうなの?」
「そう、毎年こんな感じ。
お母さんが元気だったときに来たときも
こんな風にみんなが集まってきて、
お寺で楽しい催し物があってたよ。
ここは人が集まるところなんだよ。」
と教えてくれました


  昔はこうやってお寺や神社に人が集まって
  季節の催し物をみんなで協力しながらやっていたよ。
  得意なこと、出来ることを
  誰に言われるわけでもなくやっていたね。


  人は本当はそうやって、人を思いやることができるはずなんだけどな
  お金だって溢れるほどに持つ必要なんてないのにな
  溢れたお金は、死んでいるのになあ・・・
  今日ここで(お寺で)売り上げたお金だって
  多分、みんなお寺に置いていくはずだよ
  生きたお金としてみんなに役立てて欲しいって。


  そんな優しい空間だって今もちゃんとあるんだけどな
  

  お釈迦様だって、
  こんな風に自分の言ったことが分派してしまうなんて
  思いも寄らなかっただろうなあ
  宗教は、国を、世界を治めるために使われてしまったから問題なんだよ
  全く違う解釈をされ、本来の意味とは違う形で
  都合いい形で広められてしまった


  日本古来からあった神道「神」という概念は
  こんな自然の中から生まれてきたんだから・・・
  どこにでもなんにでも神様はいることを忘れてはいかんなあ



そんなことを父が本堂から庭を見ながら話してくれました
父は結構現実派なんです
けれど、世の中の流れに安易に迎合することも嫌いました



大切にすべきことは「自分自身」である
だから「自己責任」こそが最も重要である
そして「何が出来るか」を考えなければならない

幼少の頃からよく言われた言葉です

子どもの頃は何のことやらでしたが
今は、そう少しだけわかるような気がします




庭では私の息子が竹とんぼ作りに興味津々!
ずっと、おじさんの横にくっついています
そして、使わない部分の竹をもらって大喜び!
娘達は(妹と私の)広い敷地内を楽しそうに走り回っています


携帯電話も圏外になる山奥
ここだけ、タイムスリップしてしまったように
穏やかで優しい時間が流れていました



その後
山を降りてくる途中・・・
携帯にメールがまとめて入ってきました
下界に戻ってきたなあ・・・と妹と苦笑いでした


  





【2008/04/04 00:17】 | 今日の出来事
トラックバック(0) |

そうそう!
HIRO
昔はこんなでしたよ。
というか、うちの実家は田舎なんで
いまでもそうかも。

オシャカサマでも、自分の教えが
分派してくなんて・・

kanaさんパパみたいな、そんなお話し、
ふつうにウチのばあさまもしてましたもんね。

神さまはジタバタせんでも、
そこにおる!みたいな。
(ただ、人間の都合では
動かん!とも言われましたが(笑))

携帯が、下界に戻ってきたことの目印!
マトリックスみたい(笑)

本当に・・・
kana
下界ですな
でも、この下界でちゃんとお勉強しなきゃいかんのですよね
そのための体と心ですものね

神様がもっと身近にあった時代もあったのでしょうに
いろんなことが人の目を眼くらましして
本当のことから遠くに追いやられてしまってるのかもしれませんね
でもでもちゃんと近寄りますよ~!!
だって、すぐ傍なんですもんね
いつもどこでも!


コメントを閉じる▲
我が家のお兄ちゃんは4月から小学2年生になります

私によく似た顔立ちとものの考え方をする息子です

そんな彼はよく抱っこをせがみます

朝起きてきて「抱っこ!」
宿題が終わって「抱っこ!」
眠くなって「抱っこ!」

てな具合です

初めての子でしたから、
私たちも子育てがよくわからず
必要以上に厳しくしてしまったかもしれないなあ
と今更ながら反省するところがいっぱいあります

そして私がかなり照れ屋なところがあり
素直に「大好きだよー」と言えなかった部分もあります
なんだか照れくさかったのです
抱っこぎゅー!!をすることが

誰かがいるところではダメだったなあ
今考えるとどうしてあんなに人の目を気にしていたんでしょうね(笑)

それでも息子が小さかったときは普通に抱っこしていました
けれど
どんどん成長し、妹も生まれたころには
どこかで「もう大きくなったんだから」
と私が勝手に思ってしまっていた様に思います



とあるブログで
(トラックバックしようと思ったのですが見つからない!ゴメンナサイ)
「子どもが抱っこをしてほしいのは何故か?」
という記事がありました



人の胸の部分には
心と心がつながるチャクラがあるのだそうです
そこからは心と心を繋ぐコードがでていて
子どもはそのコードとコードを繋ぎたくって
抱っこ!というのだそうです



子どもが大きくなると
重いから~(苦笑)と
胸まで抱き上げて抱っこすることが少なくなりませんか?

私は少なくなりました

抱え上げての抱っこは少なくなりました

いえいえ・・・重いからというのは言い訳
ちょっとメンドクサイ・・・とか
ちょっと恥ずかしい・・・とか
そんな気持ちが先に出てしまうせいでした



子どもは心と心がコードでつながることを確認したくて
胸と胸をしっかり合わせて欲しいのです

そして

たとえ体が離れても大丈夫だよ!
いつでもちゃんと心のコードはつながっているんだ!
ということがわかったら
自然と離れていく・・・

だから抱っこ!
だからHAGして欲しい!


夫婦でも、親子でも、友達でも(ちょっと恥ずかしいかな?)

心と心のコードがちゃんとつながることを
確認してみましょ!


【2008/04/03 02:03】 | 今日の出来事
トラックバック(0) |
私の住む家の傍にはお寺があります
お寺にはたくさんの桜があり
今まさに満開のときを迎えようとしています

今も窓の外を見るとピンク色の花たちが
風にゆらゆらと揺られています

「さくらきれいだね。ピンク色のお花がきれいだね。」

息子も娘も桜が大好き
ここで生まれ育った子ども達にとって
ここの桜はきっと自分達の心の風景になっているでしょう

よくお邪魔をしているブログに書いてあったんですが
桜はシリウスから持ってこられた花なのだそうです
シリウスでは1年中桜の花が咲いているのだと・・・

本当だったら・・・素敵な話ですよね


森山直太郎の「さくら」を
息子が幼稚園を卒園するときによく歌っていました
今の子ども達にとって「さくら」のうたはこっちみたいですね
 
♪さくら、さくら、いまさきほこる
 いつか ちりゆく さくらとしって♪

少し舌足らずな歌い方をするのも可愛らしく
間違いを訂正しなかったら
歌詞を間違ったまま今も歌っています(笑)




「さくら」  


 僕らはきっと待ってる 君とまた会える日々を
 さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ
 どんなに苦しい時も 君は笑っているから
 挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ

 霞みゆく景色の中に あの日の唄が聴こえる

 さくら さくら 今、咲き誇る
 刹那に散りゆく運命と知って
 さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその想いを 今

 今なら言えるだろうか 偽りのない言葉
 輝ける君の未来を願う 本当の言葉

 移りゆく街はまるで 僕らを急かすように

 さくら さくら ただ舞い落ちる
 いつか生まれ変わる瞬間を信じ
 泣くな友よ 今惜別の時 飾らないあの笑顔で さあ

 さくら さくら いざ舞い上がれ
 永遠にさんざめく光を浴びて
 さらば友よ またこの場所で会おう

 さくら舞い散る道の上で



いつかこの地の桜も消えてしまうのでしょうか

けれど散りゆく運命だとしても、桜は咲き誇ります

今のために生きる

そのためにこれまでも生きてきた。
そしてこれからも生きていくのですから。

いつかまた、ここで!





【2008/04/01 14:41】 | 今日の出来事
トラックバック(0) |
日曜日に「地球交響曲第5番」を観てきました
今回は初めて旦那と見ました
(子ども抜きの映画は久しぶり~)

今まで地球交響曲は妹と観ておりました
(それも第2番と第3番だけなんですが・・・)
本当に久しぶりにガイアの世界を堪能して来ました

今回の第5番はcresent moonという団体が主催した
「しあわせなお産フォーラム 宇宙~胎内の記憶と誕生の記録」
というイベントの中で上映されました

午後からは産婦人科医の講演「憶えているよママのおなかにいたときのこと」
があったのですが、こちらは別件があったために欠席いたしました
(ちょっと聞きたかったんですけどね、残念)


さてさて・・ガイアシンフォニーですが
なんか最近私凄く感受性が強いって言うか・・・泣き虫でいけません
何だかわからないんですが、始まってちょっとした時にはもう泣いていて・・・
別に感動的なシーンがあったわけではないんです
でも、何というか涙が自然に溢れてきて・・・

いろんなことを感じた映画でしたが
その中でも私が個人的に感じたのは
ピアニストであり、物理学者であり、哲学者でもある
アーヴィン・ラズロー博士の言葉でした
(ちょっぴり抜粋)



人間の脳は単なる生物機械ではない
人間の脳は、量子という最も微細なレベルで外界と情報交換する
とてつもない優れたシステムである

体の全ての部分を通して、
無意識のうちに周囲の環境から、
無限に近い情報を収集している

人はその情報を素直に受けいれる開かれた心を持たねばならない
開かれた心を持てば、
自分が時空を超えた存在であることがわかるのだ

自然は無限の叡智を持っている
自分の内なる直感をもう一度信じ
自然との一体感を取り戻したとき
自然の無限の叡智が自分自身のものとなる

ただ、自分に戻ればいいのだ


・・・・・
ああそうか、と深く深くそれこそ腑に落ちたような感覚でした

宇宙には時間も空間も全てともに存在していて
私たちもそこに存在する

過去や現在、そして未来のたくさんの情報が
宇宙の「塲」にちゃんとあり
そこから、ただ私たちは情報を得ればいいのだと・・・





非常にたくさんの女性が(まあイベントのテーマがテーマだけに)来場していました
みんなどんな風に感じたのかな?
何かに気付いたのかな?


この映画出演者は、言葉こそ表現こそ違え
言っていることは同じだったようにも思います

今、気付くとき
今、気付き、動くとき
たとえ小さな風だとしても
それは必ず、つながり、みんなに響くのだから・・・
本当に繋がるとき・・・それが今だから・・・

だから今、目覚めのときなのだ・・・
と言っているように思いました



旦那といろんなことを話しながら帰宅しましたが
何だかよくそれらの内容も覚えていません(爆)
なので、ラズロー博士の話の内容が微妙に違っていたらすいません


相変わらず頭空っぽですが(byドラゴン○ール)
何だか妙な記憶力をちょっと使って
ほかの出演者のお話を
次回書きたいと思っています






【2008/04/01 01:07】 | 伝えたいこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。