ふとしたことから出会った世界 日々感じることを伝えます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は4歳の娘のお話です


彼女は今年から幼稚園に通い始めました
(年中さんからですから2年保育ですね)
この幼稚園にはお兄ちゃんも通っていたので
それこそ彼女は赤ん坊のころから行っていました
(送り迎えしてましたからね)

しかし
やっぱりというか
なんというか


入園してから、ずっとずっと朝お別れのとき泣いておりました

朝ごはんを食べている頃からだんだん口数が減ってきます
制服への着替えはちゃんと自分でしますが
やや涙目です
かばんをもって玄関へ行きながら
「今日、何時に迎えにくる?」
「早く迎えに来てね」
と半べそかきながら(でも自分で)靴を履きます

車の中ではだんまりです
一言も話しません(笑)
話しかけても
「うん」とか「ううん」とかしか言いません

園に到着して車から降りるときから
大粒の涙がほろりほろりと溢れてきます
「行きたくないんじゃない。お母さんと離れるのが寂しいの」
しくしく泣きながら、ぎゅっとしがみつくので
私の服が涙でびしょびしょです

園の門を入ったところでいってらっしゃいになるのですが(先生へバトンタッチ)
ここがピークです
「おかあさんがいい!おかあさんといっしょがいい!」
といって
私の腕をぎゅっと握って放してくれません


お兄ちゃんの時は全く泣いたことなくって
逆に赤ん坊だった妹がお兄ちゃんの後追いをして泣いていたくらい


そんな意味では彼女の涙の朝のお別れは
ある意味新鮮でしたが、
毎日
「おかあさーん」と泣かれると、やっぱり辛かったですね


それが
昨日突然、ぴたりと泣かなくなりました
ちょっと笑顔は引きつっていましたが
「いってきます」と言って
門から1人で園舎へ向かって歩き出したのです
(別に何の刷り込みもしてないんですよ
 ホントに突然の出来事で先生も驚いていました)



うわー!すごいなあ!

私は心から思いました(親ばか)


ちゃんと手を離すときを知ってるんだなと


今日は笑顔で「行ってきます」と言ってくれました



親は見守ることしか出来ません
ただただ、「大丈夫だよ」と呪文のように唱えるしかできません


子どもがちゃんと自分で選べれば
それに勝るものはないわけで・・・


子どもってちゃんと知ってるんですよね
ちゃんと選ぶ力を持っていて
きれいな瞳で物事を見つめ、選んだことを実行できる


ほんと
おいてけぼりですな 
大人って







スポンサーサイト

【2008/05/23 17:42】 | 今日の出来事
トラックバック(0) |

ねえ♪
HIRO
子供、すごいっす。

ホントに、育ててますなんて
おこがましいくらい。

でも、それでも子供を
きちんと導ける自分でありたいですね。

コメントを閉じる▲
のっけからなんですが
私はかなりの甘党です
それも和菓子が大好きでして
あんこが好きなんですよ

最中とか大福とか羊羹とかおはぎとか
大好きなんですね




だんなから先日こんなことを言われました

「あんこが好きなのはわかるんだけど
 好きだからといってあんこをいっぱいつけすぎたおはぎは
 美味しくない。
 バランスって大切やん。」




私は性格というか思考と行動の癖のため
「知りたい」と思うと
とことんまで突き詰めたい!という欲求にかられます
それはもう子どもの頃からです


自分が知りたいことに関連することへ
アンテナを伸ばし
「知りたい」欲求を満たそうとします


昔は本で
インターネットがこんなに普及してからは
ネットで家にいながらにして
手軽に情報を得ていました
(まあ、私が手に入れる程度ですけどね)


私は自分が知りたいことについて検索を重ね
ネットをうろうろうろしておりました




情報ってやっぱり私にとっては大好きなもの
新しいことを知るってとてもうれしいのです



でも
最近思うのです




情報はあくまで情報であって
本当のことなのかというと
それはちょっと違うのではないかと・・・



いろんな知識を自分の頭に詰め込んで
私はまちがってないんだ!と自己満足するだけ
そんな自己満足、何の意味もないこと





旦那から
「あんこつけすぎるなよ。
 kanaの性格も考え方もよくわかるから
 知りたい欲求を満たしたいって気持ちはわかる。
 でも、囚われてるって思わん?」
そう言われて、言葉が出ませんでした




ネットをつなげば
いろんな情報が簡単に得られる
本屋に行けば
スピリチュアルブームにのって
それらしい本がたくさん平積みされていて
手に取ることができる

そして
いつの間にかそれに振り回されている







普通に生活すること
日常をひとつひとつ大切に生きているでしょうか?
心と思いと行いを一つにできているでしょうか?

そして
花の喜びや情けの苦を
ちゃんと「受信」できる私であるでしょうか?




先日
「お気に入り」に入れていたいくつかのサイトを消しました

もういいかなって思ったから


こうやって自分の中で淘汰していく
きっとこの過程も必要なのだと思います





そんでもね
あんこはやっぱり大好き!



だからこう考えることにしました



「あんこつけるのは趣味です」(笑)

こしあんもつぶあんもうぐいすあんもしろあんもあって
いろんな味があるから
やっぱり食べたい。

なので、あんこをつける作業は趣味です!(爆)




なんじゃ!そりゃ?
と思われたかもしれませんけど

私と旦那との間では「いいんじゃない。それで。」(笑)になりました



目くらましされても
「おっと!目隠しされてたぜ」
ともう気付ける


甘いささやきが聞こえてきても
「ふふん。そうぉ?」
とイタ電を切るように断ち切れる


趣味であんこを食べ比べすることもあるけれど
ちゃんと自分でおはぎを作ろう



形は悪いかもしれないけれど
私が作りたくって作ったおはぎだもん
美味しいに決まってる  はずだから ね♪










 

【2008/05/22 17:03】 | 伝えたいこと
トラックバック(0) |

No title
まぐのりあ
こんにちは♪
つぶあん、美味しいですよね。
確かに、あんまり食べ過ぎると、ウッときますが・・・。
でもやっぱり、色々と違う物を食べてみたからこそ、
自分の好みを再認識できるのかな?とも思います。
不思議なことに、好みも変化するもので、
その時によって変ったりするんですが、
また、メビウスの輪のように、
忘れた頃に思い出すということもありますね。
お気に入りを消しても、また、しばらくすると
気が変ったり・・・。
私だけかもしれませんが・・・(笑)。

その通りだと思います
kana
出会って別れてまた出会って・・・
それを何度も繰り返すんですよね きっと

いろんなあんこ食べたからわかることも
いっぱいあるんだと思います

むねやけ起こすほど食べずに
「うんおいしい♪」と思えるところでやめとこうと
(食べすぎはいけません 太ります(笑))

所詮は丸い地球の上
どこかでいろんなことが繋がっているし

いつも丁寧なコメントありがとうございます
どうぞ今後ともごひいきに(笑)


コメントを閉じる▲
週末のこと
旦那とちょっとした事から喧嘩(?)してしまいました


ことの発端は
今を遡ること半年くらい前・・・
私はちょっとした事から
わー!!っていろんなことを旦那へ言ってしまいました


そのときに
いろんなことをたくさん伝えることが出来たことは
ホントによかったのです


でも
私が言った言葉の一つが
実はずっと彼の心の中に引っかかっていた


そして
それが週末にひょろりと顔を見せた

やっと言えた  のでしょうね(しいたげてるんかいな(笑))


彼にその言葉を言われたとき
「え?そんなに気にしてたんだ・・・」
と私は正直愕然となりました


そう言ってしまった事は勿論本当のこと

でも私の中では
それ以降、ほとんど気にしていなかったことだったのです


でも彼の心の中にはとても深く残っていた・・・




3時間くらい、互いを互いの時間の中で見つめる
そんな時間が都合よくうまれました


  ソンナコト気ニシテモ仕方ナイヨ
  ワタシハ悪クナイ?・・・悪イノカナ?
  
  言ッタ言葉ハ元ヘハ戻ラナイ
  ナカッタコトニハデキナイヨ

  ドウシヨウカ
  ドウスルコトモデキナイ
  人ノコトハドウスルコトモデキナイヨ
  デモネ
  私ノコトハデキルヨ

  私はどうしたいの?
  どんな風に伝えたいの?
  自分の心は、行動は、自分の責任もとに





  心に蓋していた昔の私
  自分に嘘はつけないってみんな知ってるじゃん
  きちんと向かい合わなきゃね
  そこから出てくる言葉が
  自分にとって不都合であったとしても
  自分に嘘はついたって
  何の意味があるの?ってさ



ちょっと前なら2・3日はそのまま
何となく、険悪なムードのまま過ごしていたかもしれません
でも最近はもっと時間が短くなりました
だって、もったいないもの 時間が


帰宅した旦那(会議に出席してた)といろんな話をしました
そして
一つの道がちゃんとできました

・・・・・えっと、とりあえず「浮気」とか「離婚の危機」とかそんなんじゃないですよ(笑)
よそから見たら「なんじゃいそれは(笑))」という程度のネタかもしれませんわ。




最近思うのです

「誰かが」
とか
「何かが」
とかが問題ではない


自分をしっかり見つめているのかな?ということ


そして
自分の心に責任持っているかな?っていうこと


アタマの中でごちゃごちゃ考えていても
仕方ないんですよね

だって知ってる
私のカラダの中をもっと澄ませれば
どんな答えもきちんと導けるのだということ

だってそんな風にちゃんと神さまは作ってくれたんだからさ





旦那との問題はとりあえず解決
うむうむよかった
解決ちゃんとできてよかったです








【2008/05/12 12:08】 | 今日の出来事
トラックバック(0) |


Ham
うちも、先週ぐらいまで、喧嘩してました。

kanaさん、シンクロですね!
こんなのシンクロって言わないですが(笑)

うちの場合、奥さんが石(岩?山?)のように黙ってしまうので、
原因はともかく、ぼくが機嫌を取って終結に向かう場合が多いです。
でも、これでいいのかな?って毎回、自問自答。

kanaさんちみたいに、
ちゃんと、心を通わせないといけないですよね。

そして、いつも必ず思うことは、
「うちの夫婦は、修行の為に結婚したんだ!」(笑)

昨日は、うなぎ屋に連れて行って、
とりあえず、完全に機嫌を修復出来ました ^^;


Hamさん、サイコー(笑)
HIRO
kanaさんちで、なんですが・・
うちの奥様も、岩になります(爆)

僕も、かなりアゲアゲがんばる方です^^

でも、最近思うんですよ。
これって、奥さんと実は
向き合ってないんじゃないかと。

自分の言うことを
どうせわかんないと
ふんでるんじゃないかと。

自分が、高みにいるんでしょうね。

で、とどのつまりは、
それは自慰にすぎないと(失礼!)

でもねえ・・男って
すんごく根にもつんですよ、kanaさん(笑)
女々しいでしょ?

だから、上にいないと不安なの(爆)




コメントありがとうございました
kana
私も岩になります(爆)
そして、旦那がアゲにきます
昔 喧嘩して私がこもっていたら
紅茶とお菓子をもって
「食べる?」と覗きにきましたね

どっちが悪いというのはさておき
うちも、旦那が折れる(というか諦めるのか?)ことが圧倒的に多いですな

Hamさん うなぎには連れて行ってもらっていません・・・いいなあ・・・うなぎ
HIROさん やっぱりアゲアゲ作戦なんですね(笑)

でもお二方のコメント読んで思いました
やっぱり
心通じたほうがいいよねって

ニュータイプじゃないから
きらーんって閃いたりはしないかもしれないけれど
縁あって出会った二人ですもんね
「どうせ言ってもわかんない」っていうのも寂しい
「どうせ聞いてないし」って決め付けないようにしよう
心が繋がることだっていっぱいあるはずですから・・・

でも、男女のなんつーか感覚の壁はあるんでしょうね きっと
「そんなこと気にすんの?」
とお互い思わぬところに引っかかっていて
それが明るみになってびっくりするわけですよ

だから面白いし
場合によってはめんどくさい(笑)

HIROさん 女々しくなんてないですよ
それが男ってもんですよ きっとね

女は答えがわかっているくせに
「どうして?」とあえて聞くという
物凄い意地悪しますよね
確信犯というか、強烈なカマトトというか
根性腐っていますからね(爆)

お二方のご意見をもとに
これからの旦那対応をよりよいものに改善していきたいと思います(笑)
いつもありがとうございます


コメントを閉じる▲
またもや長男が怪我をしました

ゴールデンウイークの最終日に
自宅の駐車場にある植え込みの壁から落ちて
膝をえぐるように怪我してしまいました


とりあえず水道水でガンガン流し
石やごみを流しました


あまり出血しないので
ちょっと深いかなあ・・・と思い
念のために休日外来の病院へ

傷口がアスファルトの石のためにぐちゃぐちゃです

外科の先生が
「膝だし、傷口がぐちゃぐちゃだから縫合はできないね」
「多分骨折はしていないから、しばらく付け替えに通ってね」

消毒して、ガーゼを当てて手当て終了でした


旦那いわく
「いやあ仕方ないんだろうけどさ、保健室の治療みたいだったよ」



翌日
もしかして膿んでいたらいけないので
病院へ行きました

ガーゼを固定していた絆創膏を外し(これが痛そう)
ガーゼを取りました

膿んではいないようです
傷口も昨日よりは落ち着いていました

先生が
「骨折はやっぱりないみたいですね。とりあえず付け替えしといて。」
と看護師さんへ指示です


付け替えしている看護婦さんへ聞いてみました

「あのーしばらく付け替えに通わなきゃダメですか?」
「そうですね。まだ汁でてるし・・・。」

 そうですか・・・
 この汁は悪者ではないんですが
 ご存じないですか?
   →私の心の声です


消毒をまたしています。
おお!!イソジンだ!!久しぶりに見たよ私。

最近イソジンで消毒することはあまりしないと聞いていたんですが・・・


結局またガーゼして絆創膏で固定しておしまい!

 保健室の治療より悪いかもしれんなあ・・・
 →心の声






10年ほど前
私が在宅介護に関わっていたとき
床ずれ(じょくそう)の処置について勉強したことがあります

  イソジンで幹部を消毒して
  浸出液で衣服が汚れるのと
  皮膚を乾燥させるためにガーゼで保護する

これは一昔前まで当たり前といわれてきた治療法です


10年前の勉強会では

  消毒は膿んでいるとき以外はせずに
  きれいな水で洗い流すのみ
  乾燥させずに、浸出液で患部を保護させ治療効果をあげるために
  フイルム剤などで患部を密閉させる

と習いました


最新の治療法は現場から離れてしまいちょっとわかりませんが
少なくとも乾燥させる方法ではないはずです


今回の怪我も乾燥させるより
保護して自然治癒力を高めるほうが効果的なはず



なのにどうしてしないのか?



やっぱり
テープ剤ぺたん
で自然に治るの待つ
だと
お金が稼げないからですかね?(笑)



我が家としては医療費少なくってとっても助かるんですけど



無駄なお金も使わず(個人も国も)
無駄な薬剤も使わず(資源の無駄遣いも防げる)
自分の力を最大限に活用する(これは無尽蔵にある力だし)


とっても
理にかなっているとおもうんですけどね




結局
風呂上りに
薬局で売っている
テープ剤をペタンと貼り付けました


今回払った治療費
2日間で合計3000円弱

テープ剤は
10枚入って650円



勉強と気付きと実践・・・ですな
ホントに







【2008/05/09 00:00】 | 今日の出来事
トラックバック(0) |
ゴールデンウイークも無事に終了
昨日から日常が戻ってきました

帰省中にちょっと暴飲暴食してしまったため
帰宅後調子が悪かったですね
反省です・・・






ゴールデンウイークの真ん中で
小学校の授業参観がありました


先日記事にした息子の授業参観です

席は一番後ろの窓際
それはそれはよく見える席です(笑)

授業は「算数」でした
(他のクラスは音楽とかやっていて、ピアニカがウルサイって(笑))



さてさて授業風景です・・・

先生の説明が始まりました
他の子は(まあわりと)黒板を見ています
おや?息子はノートと教科書を見ています
先生のほうは見ないのかな?
そうこうしている内に、作業をする時間になりました

作業内容は
羊がたくさん書いてあるプリントで
10ずつのまとまりを作り、囲む
そして羊の数の答えを出す
というもの
(100という数のまとまりについて学ぶ単元)

さて、先ほど黒板を見ることなく教科書をぱらぱらと見ていた彼
ちゃんとできるのかな?と思っていたら
「始めていいよ!」の合図とともに
さくさくと作業を進めます


聞いていないようなかんじですが
ちゃんと先生の話をきいているんですな

 


さてその次の日の話のこと


家族ぐるみでお付き合いのある方とお話している時に
何気に息子のことを話しました


「授業中聞いていないみたいに見えるんですよね。
 きょそきょそしてるし。
 でも話は聞いてるんですよね。」

と言ったら


「いいんだよ。それで。
 じっと聞くことは今の彼には出来ないんだと思うよ。
 何かしながら聞いていてもわかってるんだから
 それは凄いことなんだと、気付いてあげなきゃね。
 大丈夫ちゃんとわかってるから。
 ちゃんと聞け!と押さえつけたって逆効果。
 親がちゃんとわかっていればいいんだよ。
 他の人の評価を気にしても仕方ないよ。」


人の目が気になったり
他人からの評価が気になったり

だからなんなの?といえない私

そんなものにがんじがらめに束縛されるような
そんな生き方はして欲しくはない

そう思うのに、全てを手放すことが出来ない「私」が邪魔をしている



授業中にじっと先生のほうを見て授業を聞かなかったのは私・・・
何かしながらでないとダメだった

彼の姿はまるで私のようで・・・

でも彼と私はもちろん違う

過去をしっかり見つめることを与えてもらえたのかなと感じています


「だから何?」
と笑顔で返せるように
そう生きていけるように

私はそう生きていきたい



そんなことを考えていたら
子どもの頃をのことをいろいろと思い出してしまいました


その頃のことはまたいつか





<おまけ>

最近

仕事の仲間とかに
いろんな話をしたりするんですけど
「最近宗教でも始めた?」的なことを言われてしまった(爆)
いや、そうじゃないんですけど・・・
そんな凄いこと話しているわけじゃないんですよ
むむむ・・・伝える話の切り口が難しいのですが。

でもなあ・・・最近この職場とも距離感が出てきていて
私としては何も変わらないんですけど・・・
これも自然な流れなんでしょうかね?









【2008/05/08 16:16】 | 雑記・・・なんでもですね
トラックバック(0) |

No title
Ham
>そう思うのに、全てを手放すことが出来ない「私」が邪魔をしている

うーん、よくわかります ^^
子供にとって、一番は何だろう?って考えると、
やはり、いろいろ混乱して来ちゃうんですよね。
それでも、最近、やっと吹っ切れてきた感じにもなって来ました。
まあ、子供がだいぶ大きくなったせいもありますが。

職場等で、スピ的な話をするのは、結構難しいですよね。
自然と距離が出来るのは、波長に隔たりが出て来たから、かな?

営業会議とかで、悪徳な儲け話みたいな話が出ると、すごく困ったりします(笑)
昔は、利益第一!のぼくでしたが。



kana
Hamさん

うちの子どもはまだまだ小さくって
色々惑うこともあります
けれど妹の子どもへの対応とかを見ていると
「ああ私むかしはこうだったなあ」
とちょっと恥ずかしい気持ちになったりして
親がなにかしなきゃいかん!と力が入りすぎてて

子どもはちゃんと自分で生きる道を見つける力をもっているのだと
少しずつ感じるようになってきました

職場での会話は難しいですよね
うちは女性ばかりなんですが
スピリチュアルなことも
テレビで言っている程度なら問題ないけど
ここで話しているようなことは
「なにそれ?」っていわれちゃう
面白く楽しく話してみるんですけどね
感じてもらえるきっかけがあるといいなあと
思うんですけど
おせっかいかな(笑)

やあ、仲間だ(笑)
HIRO
ムリヤリに聞かせる風でもなく、
サラッとその人のタイミングを見て

ちょいって、背中のボタン
押してあげる・・

そんな風にできたらいいなあと(笑)

どうしても、変人扱いだもんね(^ ^;)

んん、僕らが変われば
世界は変わる!

ってええいっっ!!!


kana
HIROさん

たしかに変人扱いです(爆)
見方を変えれば世界は変わる
私は大きなことをすることは出来ないかもしれません
でも、自分の中で感じることを少しでも伝えればいいのかな?
と思っとります
消極的ではないけど積極的でもない

ボタンどんな風に押そうかな(笑)

こんにちは♪
まぐのりあ
私は、どちらかというと、ボタンを押された側ですね・・・。
お酒が入って、たまたま盛り上ったから
そういう話題になったんだと思いますけど、
押してくれた友人には、とても感謝しています。

でも、素面では、毎日顔を合わせていても、
なかなか突っ込んだ話ができないのが、
現実ですね~(笑)
私も色々聞きたいことがあっても、
子供がワーワー走り回っている所などでは、
ちょっと無理だし・・・^^;
時と場合っていう要素も、重要ですよね。

確かにそうですね
kana
子どもがいるとじっくり話すって
結構無理なところもありますよね
そのお友達に感謝
私も友人に感謝してますよ

つかめるときって掴めるし
意外に迷いが生まれなかったりするみたいな気もしますね

そうしてこうやって遠く離れている
まぐのりささんと出会えたことにも
本当に感謝です♪
ありがとうございます

コメントを閉じる▲
だいたい私は結構無計画なほうで
ブログを書くときも実はあんまり考えていなかったりします


このブログをスタートさせた時思っていた事
「何かを伝えたい・・・」
始まりはそうだったように覚えています



けれどここ最近は
伝えたい事というよりも
日々感じた事、思った事、やった事の覚書のような気もします



そんなブログに足を運んでくださった皆様
ありがとうございます





時間ってなんなんでしょうね
過去現在未来・・・


実は私は時間にルーズなところがあって
常に逆算しながら生活しています
「出発まであと5分あるから、間に合うよ」ってなかんじです

だからいつも、電車に乗ったりするのはぎりぎりだったり
タイムカードはぎりぎりだったり
ぎりぎりマスターなわけですよ


でも最近はちょっと事情に変化が出てきました

もちろん未だに完全に改善されてはいませんが
「自分に必要な時間がひょっこりできるようになった」
ようです


読みたい本、書きたい事、子どもと向き合う時間
旦那と話す時間・・・・


今まで「時間が無い」と言い訳のように唱えていたのに
自分にとっては必要であると思う時間が作れている

その分、それ以外の時間はすごく早い・・・気がする


時間が無いという言い訳のとおりに自分は生きてきいて
勝手に自分で決めてしまっていて
「だから仕方ない」と。



時間の流れは人によって違う
加速する流れもあるけれど
ちゃんとコントロールできる流れもあるのだと


現在は次の瞬間は過去
未来は次の瞬間には現在


どの時間軸に生きていくのかは自分で決める事・・・・



今日はなんだか哲学的な感じになってしまいました
失礼いたしました

ではでは連休の残りの日々も楽しくお過ごしください









【2008/05/05 00:31】 | 伝えたいこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。